【次世代スキンケア】ドクターケイ

ドクターケイこだわりのビタミンC

ドクターケイが力を注ぐのは、多方面に活躍するビタミンC
最先端の研究を続けている徹底さ!

 

ビタミンCはコラーゲン(タンパク質)を生成するのにとても重要な役割を持っています。
でも、このビタミンC――アスコルビン酸はとても不安定(+_+)
水にも空気にも熱にも弱い、とてもデリケートな物質。

 

しかも、皮膚には浸透しにくいから、ビタミンCを直塗りしたらめちゃくちゃ効果が…!ってことはありません。
だからと言って、摂取しなくていいわけではなく、体にないとコラーゲンがうまく生成されなくなり、結果的に肌はシワ・シミ、たるみ、くすみ、毛穴トラブルと様々な老化現象を引き起こします。
もちろん肌だけでなく、骨などにも重要な栄養素なので前項を参考までに。

 

ビタミンCはメラニン色素の酸化を抑制する働きがあります。
また、すでに出来てしまったシミなどには、色を淡色化させる還元…つまり美白させる力があります。
ビタミンCがお肌にいいといわれるのはこのためですね。

 

化粧品に入っているビタミンCは、食べ物から摂取などの不安定なビタミンCではなく、専用に皮膚に浸透しやすいように改良しされたものが入っています。
それが『ビタミンC誘導体』と言われるものです。

 

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があります。
ドクターケイが使用しているのは、水溶性ビタミンC誘導体『リン酸-アスコルビルマグネシウム』。
安定性に優れていて、天然型ビタミンCに比べて細胞膜レベルが約4〜8倍の吸収率があります。
水溶性のビタミンC誘導体では最も効果が確認されていて、定番化しています。

 

油溶性では、最近開発された新型脂溶性ビタミンC誘導体『テトラヘキスルデカン酸アスコルビル(VC-IP)』を使用しています。
水溶性に比べて皮膚からの吸収率が高く、濃度を上げても刺激が起きにくく、油溶性なので肌を乾燥させずにしっとりさせてくれる特徴があります。
油溶性のビタミンC誘導体の中で最も優れていて、長時間作用するので、ジェルやクリームにも使われています。

 

ドクターケイでは以下の商品にそれぞれ含まれています☆

 

水溶性
・ケイカクテルVプレミアムソープ
・ケイカクテルVローション
・ケイオイルコントロールエッセンス
・ケイプレミアムクリーム

 

油溶性
・ケイカクテルVローション
・ケイプレミアムクリーム
・ケイトリートメントUVベース
・ケイエッセンスベース

 

お肌にはドクターケイを、そして普段から食べ物なのでビタミンCを摂取するとより効果を得られるはずですよ♪

 

 

潤い・ハリのあるお肌へ!ドクターケイ